令和4年 夏詣のご案内

【夏詣期間中の行事 ★は常設 ●は表記期間のみ】 
夏詣期間 7月1日~8月末迄  授与所8時40分~17時まで

★限定御朱印「夏詣-ほおずき-」  500円  ご持参の御朱印帳に浄書可・和紙での書置朱印もあります

新規授与品 切り抜き朱印 初穂料1000円


★疫病除けの茅の輪くぐり (無料)


★秦野名水のお水取り (無料・そのまま飲料可) 持ち帰り用のペットボトル150円で販売(容器を持参すれば無料)


★水みくじ  (200円)   水に浮かべると浮かび出る夏限定のおみくじ


★ストリートピアノ(無料)  9時~16時
★秦野名水仕込み 森の豆腐工房のお豆腐 販売


★夜間ライトアップ (日暮れ~20時)

●「ほおずき市」の開催 7月9・10日、16・17・18日 
●月遅れお盆参り(先祖供養のみたままつり) 8月13日~16日

お盆時期には辻も参道に設置しています。

令和4年 夏越の大祓について

例年通り茅の輪を奉製し6/23頃より境内参道に設置いたします。
本年の夏越大祓は下記の通り実施致します。

6月26日(日) 15時~
6月30日(水) 18時~
7月3日(日)  16時~

夏越の大祓とは―

 大祓神事の歴史は古く、大祓詞(中臣祓)は平安時代の「延喜式」(927年)に記載され、古代豪族の中臣氏が司る宮中行事でもありました。人が生きる上で知らず知らずのうちに犯した罪や穢れを取り除き、疫病や災厄を避け心身を清らかにすることを祈念した神事です。とりわけ生と死が身近であった中世においては重要な意味合いをもっていたと考えられます。江戸時代以降はこの六月の梅雨の時期に合わせて疫病・災厄除けを祈願した茅の輪くぐりの神事が広く江戸の庶民に広まったとされ、日本中で行われる伝統行事となりました。当分祠でも毎年欠かさず斎行する恒例行事であり、大きな茅の輪を手作りで製作しております。
 特に本年はいち早くの疫病封じ・感染収束並びに健全な社会生活の快復をご祈念申し上げ、6月上旬から8月まで期間を延長してお飾り致します。


 茅の輪くぐりの神事
「みな月の夏越の祓えする人はちとせの命のぶといふなり」
この和歌の起源を遡ると、寛弘三年(西暦1006年)頃編纂の『拾遺和歌集』に「題しらず」「よみ人知らず」として記されており、当時より高い注目があったことが読み取れます。
茅の輪をくぐる時は、古式豊かな抑揚で大祓の和歌を唱えながら三周まわることが作法とされます。茅の輪の展示期間中はご自由にご参加いただけます。
形代(かたしろ)に穢れを祓い落とす
古くより禊や祓をする際に、人間の身代わりとして人形(ひとがた)を形代に用いてきました。当分祠では夏冬の大祓の際に、人形(ひとがた)・車形(くるまがた)を用意し、それらを形代(かたしろ)にして自らの罪穢れをうつしお祓いします。
人形の紙に住所・氏名を記入し、息を三回吹きかけ、頭から全身気になる場所を撫でこすり、悪い気を取りうつしてお祓いします。
車形に住所・氏名・ナンバーを記入し同様に自家用車、バイク・自転車などの四方を撫でこすって罪穢れをお祓いし当分祠にお納め下さい。大祓の神事の際、ご自身の身代わりとしてお祓いし、後ほど忌火でお焚き上げします。
人形・車形
なんで茅の輪を飾るのか?
その答えは神話―『備後国風土記』(和銅6年・西暦713年ころ奈良時代初期に編纂)に伝えられております。鎌倉時代中期、卜部兼方によって記された『釈日本紀』に、「備後国風土記逸文」として「蘇民将来」の逸話が伝存している。諸説あるが一般に次のように伝えられている。
・・・・・・・・・・
武塔(むたふ)の神が、旅をしている途中、蘇民将来、巨旦将来 という兄弟に宿を求めたところ、弟の巨旦将来(こたんしょうらい)は裕福であったにも関わらず宿泊を拒んだのに対し、兄の蘇民将来(そみんしょうらい)は貧しいながらも喜んで厚く饗しました。その数年後、再び蘇民将来のもとを訪ねた武塔の神は「私の名は素盞鳴神(すさのおのかみ)である。もし悪い病気が流行ることがあった時には、茅で輪を作り腰につければ病気に罹らない」と教えられました。そして疫病が流行したときに巨旦将来の家族は病に倒れましたが、蘇民将来の家族は茅の輪で助かったというのです。
   この言い伝えから「蘇民将来」と書いた紙を門に貼るという信仰が生まれました。茅の輪も当初は伝説のとおり小さなものを腰に付けるというものでしたが、江戸時代初期になり、大きな茅の輪を潜って罪や災い、病を取り除くという神事になったと言われております。
天然の萱(カヤ)で製作した茅の輪飾り(約12㎝) 1体1000円で期間限定頒布
ちりめん茅の輪飾り(根付け)(約3cm)ストラップとして身近に携帯できるようにしました。1つ1つ手作りで、秦野で奉製しています。1体1000円で期間限定頒布
「蘇民将来」逸話 神話を読み解く
蘇民将来信仰を読み解くことで当時の人々の切迫した祈りや死生観がわかります。
諸説解釈がありますが、神様に茅の輪をもらって助かったという部分は共通しますが、最も古いとされる備後国風土記の伝承では、茅の輪を渡された夜、疫病から助かったのは蘇民将来の娘だけであり、巨旦も蘇民将来も、この物語に関わる全ての村人が悉く病でこの世を去ってしまいます。結びに神様より、「後世茅の輪を着けて蘇民将来の子孫と名乗れば疫病の難から免れるだろう」と諭される結末ですが、あまりにあっけない結末に得体のしれない後味の悪さを感じます。当時の人々にとって一度疫病が発生してしまえば集落全体が一夜で死に絶えることもある大変な死活問題であったことが分かります。ワクチンのない時代の疫病に対する先人の恐れや無念さが祈りとなって神話に伝えられているのです。同時に人の助け合いの大切さも伝えるものです。
神道の信仰の根源とは人間の力を超えた事象や自然のはたらきに対し、恐れや畏敬の念をもって崇め称えたものと考えられます。物語の中ですら神様の力に頼っても簡単には疫病から免れられないことからも当時の人の疫病に対する恐怖と、疫病除けの祈りの切実さが時代を超えて読み取れます。

竹あかりづくり募集中

★「秦野竹の和“ご縁”」 会員登録 (竹あかりづくり教室の申し込みはこちら)
https://forms.gle/HeZGXxnEGTavhi9t9

出雲大社相模分祠にて、竹あかりづくり教室を行います。
まずは9月18日に行われる、全国47都道府県で一斉に竹あかりを灯す”世界最大級”のイベント『みんなの想火』で灯す竹あかりを作りたいと思っています。

6月18日(土) 10時~15時30分 の中から選択
7月2日(土) (夏詣) 10時~15時30分 の中から選択
7月16日(土)(夏詣・ほおずき市) 10時~15時30分  の中から選択
7月17日(日)(夏詣・ほおずき市) 10時~15時30分  の中から選択
7月23日(土) 10時~15時30分  の中から選択
8月21日(日) 10時~15時30分  の中から選択

「秦野竹の和«ご縁»」 (竹あかりづくり1日体験申し込みはこちら)
https://forms.gle/L6r4sqE5kTuSJ3xH6

あじさい御朱印 6月限定頒布のご案内

あじさい御朱印 6月限定頒布

6月の季節の花 あじさいを象ったオリジナル御朱印を期間限定頒布致します。

初穂料 500円 

お持ちいただいた御朱印帳に浄書できます。お忘れの場合は、予め和紙に浄書した御朱印もご用意しております。
手書きのため、混雑時はお時間がかかることもございます。時間に余裕をもってご来社ください。

●紫陽花和菓子販売中
八雲庵では紫陽花をイメージした和菓子を販売しています。土日祝日は境内でも販売中。各160円。

●あじさい写真スポット設置
境内にあじさいの鉢を用いて記念撮影スポットを設置しました。
ご参拝の際はぜひご活用ください。

第1回 出雲大社相模分祠 写真コンテスト開催のご案内【SNS部門】

パンフレットダウンロードはこちら

出雲大社相模分祠 写真コンテスト募集要項   

【応募概要】
令和4年6月1日より「第1回 出雲大社相模分祠写真コンテスト」を開催いたします。
応募写真は、出雲大社相模分祠の境内・祭礼・行事の風景や人物・動植物など「当分祠で撮影したもの」であれば、過去写真や過去に投稿された写真(選考対象は令和4年6月1日以降タグ付けのお写真)を含め、1人何点でも応募可能です。
お正月のようすや節分、桜まつり、お子様のお宮参りや七五三など当分祠を参拝された皆様の思い出をぜひ投稿ください。
たくさんのご応募お待ちしております。

【賞品】
大賞(1名) 賞金3万円
優秀賞(3名) 賞金1万円
入選(若干名) 景品

【応募方法】
1:以下の2つのInstagramアカウントをフォロー
 出雲大社相模分祠(@izumotaisha_sagami)
 出雲大社相模分祠・出雲記念館(@izumo_kinenkan)
2:ハッシュタグ「#出雲大社相模分祠写真コンテスト」※誤字にご注意ください(祠:ほこら で変換)をつけて投稿

神社インスタQRコード



【募集期間】
令和4年6月1日(水)~7月20日(水)

【審査方法】
主催者により厳正な審査を行います

【結果発表】
令和4年7月末頃

【展示期間】
「出雲大社相模分祠写真展」 開催  令和4年8月1日~末日
 於) 出雲記念館(境内の建物) 9時~16時  入場無料
SNS部門応募の方は入選者のみ展示いたします。

【応募規約】
●応募について
・応募にはInstagramアカウントが必要です。
・非公開アカウントでは投稿が確認できませんので、必ず公開アカウントでの投稿をお願いします。
・応募の際は、指定アカウント【出雲大社相模分祠】と【出雲大社相模分祠・出雲記念館】の2つをフォローする必要があります。フォローをしていない、またはフォローを外した場合の応募は無効となります。
・投稿文章(キャプション)に「#出雲大社相模分祠写真コンテスト」のハッシュタグをつけて投稿してください。
・応募は一人何作品でも可能です。
・写真コンテスト期間より過去に撮影した写真でも応募可能です。
・​選考対象は令和4年6月1日以降タグ付けのお写真となります
・年齢、性別、国籍、住所地、プロ・アマ問わず、どなたでもご応募いただけます。ただし、日本国内在住の方に限ります。
※未成年の方は保護者の同意が必要です。未成年の方が応募された場合は、保護者の得られているものとみなします。

●応募写真について
・応募作品は、著作権などの権利のすべてが応募者に帰属するもの、および被写体の肖像権など他者の諸権利を含む場合はすべての権利者の承認を得たものに限らせていただきます
・写真撮影・投稿は応募規約に則り自己責任となります。

●選考対象外の写真について
・公序良俗に反するもの
・第三者の著作権、商標権、肖像権等を侵害するもの(写真の撮影・投稿で他者の権利を侵害し、紛争が発生した場合は応募者自身の責任と費用負担にて解決していただきます
・本人以外が撮影したと判断されたもの
・立入禁止の場所や撮影禁止の場所で撮影されたもの
・神域でのマナー違反・不敬行為と判断されたもの
・被写体の許可なしに撮影し、且つ人物を特定できるもの
・当神社と関連性のないものや、写真コンテストの主旨にそぐわないもの

●境内で撮影する際の注意
・境内での撮影は神職・巫女、他の参拝者の迷惑にならないよう気をつけて行いましょう。
・境内では立入禁止・撮影禁止の場所や、三脚を立ててはいけない場所、撮影不可の神事があります。神社のルールを確認して撮影を行いましょう。

●応募写真の利用について
・投稿写真は、出雲大社相模分祠のPRや広告宣伝、ホームページやSNSアカウント、催事、印刷物、広報活動において無償で無制限に利用できるものとします。
・投稿作品の掲載、その他の利用の際には、若干の加工を行う場合があります。

●受賞・賞品発送について
・受賞はInstagramのダイレクトメッセージにて受賞者にお知らせし、ホームページで発表致します。ダイレクトメッセージが受信できるように設定をお願いいたします
・投稿は何作品でも可能ですが、受賞はお1人様につき1回とさせていただきます。
・受賞連絡後、期限までの返信がなかった場合は受賞を取り消す場合がございますのでご注意ください。
・賞品内容および期間等のコンテスト実施内容は、都合により変更する場合があります。
・賞品や受賞資格の第3者への譲渡、転売は固く禁じます。
・受賞者からご提供いただいた個人情報は主催者が厳重に管理し、受賞者への連絡・問い合わせ等写真コンテストに必要な範囲のみにおいて利用致します。
・賞品の発送先は日本国内に限ります。

●Instagram応募に関する注意事項
・受賞決定前にInstagramアカウントを削除した場合や非公開設定にした場合、応募があったものとみなしません。
・受賞決定前に応募作品をInstagramアカウントより削除した場合、応募があったものとみなしません。
・ダイレクトメッセージを受信できるように設定をお願いいたします。
・受賞作品の写真を展示しますので元データを提供して頂く必要があります。

●その他
・予期せぬ障害や天災等が発生した場合、本企画は予告なく中止する場合があります
・当分祠が問題と判断する写真の投稿があった場合、削除依頼の連絡をすることがあります。
・当写真コンテストは、Instagramが関与するものではありません。
・InstagramはInstagramの利用規約を遵守のうえで利用してください。
・Instagramは米国およびその他の国におけるInstagram,LLCの商標です。
・反社会的勢力による応募と判明した場合、受賞決定後であっても受賞は取り消します。