令和四年ダイコク市のご案内

当社では、皆様に長期間初詣いただけますよう、下記の通り正月企画を実施しております。

【初詣特設授与品(大型テント)の設置】

 しめ縄市(12月15日~)から1月末まで特設テントにて新年の授与品を頒布しております(頒布時間8時半~17時。但し三が日のみ20時まで)。

【提灯飾り・竹燈籠のライトアップ】

夏詣時の竹燈籠の様子


 夜間にも安心してご参拝いただけるよう、境内の提灯飾り・竹燈籠のライトアップを行っております(3が日は20時まで、4日以降10日までと土日は18時、平日は17時まで)。

【ダイコク市の開催】

 丹沢マルシェマーケット・屋台・露店が賑わうダイコク市を開催します(元旦~10日、1月中の土日。9時~16時半)。本年は感染対策としてテイクアウト販売を主として行います。

【無料送迎バスの運行】
 ダイコク市開催期間中、秦野駅南口より無料送迎バスを運行いたします。運行時間詳細は当社ホームページをご確認ください。

【正月期間中の朱印に関するご案内】
正月期間中は朱印の対応を境内特設テントにて行います。
当社で頒布している朱印帳並びに島根県出雲大社の朱印帳以外は書置きのものを頒布いたします(新しくお受けいただく場合も既に浄書された朱印帳を頒布する事があります)。
それに伴う朱印に関するクレーム・恫喝等により現場での頒布継続が困難と判断した場合は頒布を中止することがあります。

【新春行事中止のご案内】
 毎年行っております1月3日の福迎祭と、それに伴う餅撒き・餅つき等の諸行事を中止いたします(伊勢ケ浜部屋の来社もありません)。
 また、2月3日に例年予定しております節分祭については未定です。

令和4年 企業・法人様向け新年初祈祷のご案内

当社では企業・法人・団体様を円滑に受付・ご案内できますよう、新年初祈祷の事前申し込みを実施しております。
予約申し込み無しでも御祈願は毎日承っております

【申し込み条件】
◎1月4日以降のみ受付いたします(三が日は当日申し込みのみ承ります)
◎企業・法人・団体様であること(個人の事前予約は承っておりません)
◎玉串料(祈祷料)1万円以上であること(1件当たり3万円以上で巫女舞の奉納があります)
※御祈願は他の団体・個人様と一緒にご案内致します・単独での御祈願は承っておりません。

【申し込み方法】
FAXまたはメールにて対応をさせていただきます。


◎FAXの場合
下記リンクより用紙をダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、当社までお送りください。
企業・法人・団体様向け祈祷申込用紙(PDFリンク)
FAX 0463-82-1728

◎メールの場合
上記申込用紙の事項をご記入いただき、info@izumosan.comまでお送りください
【必要事項】
・会社名、部署名など(読み上げる・祈祷札に記入するお名前をお書きください)
・所在地
・願意
・希望日時
・金額
・玉串拝礼者数/参列人数
・ご担当者様名/ご連絡先電話番号

令和4年「新年初祈祷 郵送祈祷」のご案内

毎年年末にお手紙にてご案内しております「新年初祈祷 郵送祈祷」のお申込みに関しまして、ご連絡いたします。

「新年初祈祷 郵送祈祷」とは、遠方にお住まい等々の理由で初詣の困難な方に、当社でご祈祷致しましたお札を郵送でお送りするというものです。

【お申込み方法】
1.下記より郵送祈祷申込書をダウンロードいただき、記入後メールやFAX或いはお手紙等で当社までお送りください。
2.代引きでお送りいたしますので、代金を郵便局員の方にお渡しください。祈祷料に送料1000円を加算しました金額を請求いたします(配達日時の指定はできませんのでご了承ください)。

申込用紙のダウンロードはこちら

【祈祷料】(下記金額に送料1000円がかかります)
30000円以上
20000円
10000円
 7000円※
 5000円
※安産祈願の場合その金額設定はありません
金額により木札の大きさや授与品が変わります。
何件お申込みをされても送料は一律1000円です

メール送信先 info@izumosan.com
お手紙送付先 257-0015 神奈川県秦野市平沢1221 出雲大社相模分祠

しめなわ市~幸先詣~のご案内

相模分祠のしめ縄(令和元年新調時)

【しめ縄市・幸先詣を行います】
昨年は分散参拝での初詣は社会的課題となり、幸先良く新年を迎えられるよう幸先詣という新しいお参りの在り方が推奨されました。古来より新年の準備は12月に行われ、師走という言葉に表されるよう、年末に新年のお札を用意し慌ただしく年を締めていく様は風物詩でもあります。当社においても、12月15日から大晦日まで幸先詣を実施し、新年のしめ縄飾り(限定200本)を準備するほか、神棚のお札や新年の御守り・授与品など、一足早く頒布を開始いたします。※元旦にならないとご準備できない授与品もありますのでご了承ください。

【しめ縄について】
神社のしめ縄は神の領域と現世を分け隔てる『結界』として、なわばりを指し示すという役目を担うものです。
しめ縄の由来は、古事記に書かれた天照大神の神話だと伝えられ、その昔、岩戸にこもった天照大神を神々が連れ出した際「もう岩戸に入らないように」と岩戸にしめ縄をつけたことに由来すると伝えられます。

於是天照大御神、以爲怪、細開天石屋戸而、內告者「因吾隱坐而、以爲天原自闇亦葦原中國皆闇矣、何由以、天宇受賣者爲樂、亦八百萬神諸咲。」爾天宇受賣白言「益汝命而貴神坐。故、歡喜咲樂。」如此言之間、天兒屋命・布刀玉命、指出其鏡、示奉天照大御神之時、天照大御神逾思奇而、稍自戸出而臨坐之時、其所隱立之天手力男神、取其御手引出、卽布刀玉命、以尻久米此二字以音繩、控度其御後方白言「從此以內、不得還入。」故、天照大御神出坐之時、高天原及葦原中國、自得照明


自宅の正月飾りであるしめ縄ゴボウ締めは年神様を受け入れる支度として飾るものであるため、年末の内にご用意するのが作法です。ゴボウ締め・玉飾り・輪飾りなど様々な形のものが伝えられます。一般に二十八日頃に飾り始めるのが慣例です。しめ縄を片付けるのは、年神様が戻る日である『松の内が終わった直後』だといわれています。松の内は関東の場合は『一月七日』関西の場合『一月十五日』というように地域によって異なることも多いです。正月飾りを片付ける際には失礼があってはならないので、古くよりどんと焼きの習慣があります。地域の定められた場所や、寺社仏閣で引き取りしてくれます。当社におきましてもお気持ちを賽銭箱に納めて頂き、正月飾りのお焚き上げを受け入れをしております。(五月人形などは別途引取料が必要です)