夏詣と限定御朱印のご案内

初詣を自粛された方に、密を避けて、夏のご参拝をおすすめします。
大晦日に「年越」の大祓をするのと同じように、新年から半年後の6月末に「夏越」の大祓を経て、過ぎた半年の罪穢れを祓い、無事を感謝するとともにこれから半年のさらなる平安を願うべく7月1日以降に神社仏閣に詣でる。
この新しい習慣が「夏詣(なつもうで)」です。

出雲大社相模分祠では、今まで行ってまいりました各種行事と合わせて、7月1日~8月31日の2か月間、下記の通り夏詣を実施いたします。

【夏詣期間中の行事 ★は常設 ●は表記期間のみ】
★限定御朱印「夏詣-ほおずき-」
★疫病除けの茅の輪くぐり
★秦野名水のお水取り
●「ほおずき市」の開催 7月10・11日、17・18日 詳細は当該記事参照
●竹あかりの祭典「みんなの想火」神奈川(日本全国開催地で同日点灯) 7月22日 詳細は当該記事参照
●竹燈籠の設置(7月中旬より末頃まで)
●月遅れお盆参り(先祖供養のみたままつり) 8月13日~16日

※ご来社の際はマスクの着用等各自感染症対策をお願いいたします。

【参考リンク】
夏詣公式ホームページ

表丹沢 山開き神事 ~山の御朱印~始めました

令和3年4月19日(日)日本百名山にも数えられる表丹沢の山開き神事を斎行しました。早朝より、出雲大社相模分祠神職による、厳粛な神事が斎行され、登山者の安全が祈念されました。引き続き、遭難者慰霊祭が斎行され、ご冥福をお祈りしました。

例年山開き神事に併せ、秦野に春の訪れを告げる「秦野丹沢まつり」が、開催されますが、感染症予防の為中止となり、「登山安全祈願式」「遭難者慰霊祭」のみ神職、参列者により斎行しました。秦野市長が実行委員長を務める「秦野丹沢まつり」は今年で開催65回目を迎えます。

―山の御朱印― 

山開き神事で登山者の安全を祈念して、奉製しました。神奈川県立戸川公園前 大蔵入り口にある山守茶屋で頒布しております。和紙に浄書された朱印のみ用意しております。日にちなどを書くことはできません。お賽銭箱に入れてお持ち帰り頂けます。

 朱印には「表丹沢 真秀場 秦野」の神璽が押印されております。「()秀場(ほろば)」とは、「人々が暮らす場として優れた所」を意味する古語です。古事記(712年)の中で「(やまと)は国の()()ろば たたなづく青垣 山籠れる大和うるわし」と(やまと)(たける)(みこと)が国をしのんで歌われました。

伝説によれば倭建命は東征の折、秦野を訪れ、表丹沢菩提で休憩し、二ノ塔付近にある岩を踏み締めると湧水が溢れ出たとされる足跡があるといわれます。

登山安全祈願祭 斎場

慰霊祭 斎場

令和3年正月朱印対応について

令和3年正月は混雑による密の防止・警備上の観点から下記の通り対応をさせていただきます。

【頒布について】
1月中は原則として全て書き置きの朱印を頒布致します。また、3が日は予め整理券に注意書きを記載したうえでの対応を致します。但し、例外といたしまして当社発行の朱印帳に限り、直接浄書致します。また、新しく頒布している朱印帳は事前に浄書したものとなります。

【頒布方法(書き置き)】
御朱印テントの前に書き置きの朱印を袋に入った状態で頒布致しますので、それを専用窓口にお持ちいただき初穂料をお納めいただきます。日にちが書いていないものは授与時に日にちをお書きいたします。日にちを書き入れたものについては墨が乾かないことを考慮し、袋と別にお渡し致しますので、乾いた後にご自身で袋にお入れください。
当社の朱印帳は朱印テントでのみの頒布致します。各授与所に見本と引換券を並べておりますので、それを朱印受付にお持ちいただき、浄書済の朱印帳をお渡しいたします。
直接朱印帳に浄書する列とは異なりますので、お並びになる際はご注意ください(他社の朱印帳にはお並びいただいても浄書致しません)。

【頒布方法(直接の浄書)】
先に記しました通り、当社発行済みの朱印帳にのみ直接浄書致します(例外はありません)。書き置きの朱印とは列が別になりますので、お並びになる際はご注意ください(当社発行の朱印帳をお持ちでない場合はお並びいただきましても浄書致しません)。

【頒布を取りやめる場合について】
上記のルールをお守りいただけない方がいらっしゃった場合、頒布継続が困難としてその場にいる神職の判断で頒布を中止することがありますのでご容赦ください。

整理券(表)
整理券(裏)

期間限定「ほおずき」御朱印の頒布のご案内

8月末までの期間限定で「ほおずき」を押印した御朱印を頒布しています。
ほおずきは「鬼灯」と書きますが、その色と形からお盆にご先祖様が返ってくる際の目印となる提灯に見立てて飾られます。
新暦・旧暦のお盆参りにぜひご参拝ください。

初穂料 500円