茅の輪を延長して設置しています。

例年6月30日に、半年の罪穢れを祓い清めると同時に疫病除けの為にくぐるとされている茅の輪を、当社ではコロナ禍の現状に鑑み、12月末日の「年越の大祓」まで期間を延長して設置しています。

茅の輪。

元来茅の輪くぐりは、釈日本紀記載の備後国風土記逸文に記されている伝説がもとになっている行事です。
素戔嗚尊が身分を隠して蘇民将来という酷く貧しい人の家に宿を求めたところ、蘇民将来は貧しいながらも手厚くもてなしてくれました。そのお礼にと蘇民将来の娘に茅の輪を渡してこう言いました

吾者 速須佐雄能神也 後世爾疫氣在者 汝蘇民 將來之子孫止云天 以茅輪着腰在人者 將免止詔伎
(吾は速須佐雄の神なり。後世に疫気あらば、汝、蘇民将来の子孫と云いて、茅の輪を腰に着けている人は、免れなんと詔き)
(意訳 「私は速須佐雄という神です。後世に疫病が流行した時、蘇民将来の子孫と言い、茅の輪を腰につけている人は免れるでしょう」、とおっしゃいました。)

この説話から茅の輪は疫病除けとして信仰され、江戸時代には茅の輪くぐりという行事に昇華され今に至っています。

当社では上に記しました通り、茅の輪くぐりを年末まで期間延長して設置しておりますとともに、期間限定頒布の茅の輪飾りも期間を延長して頒布しています。

茅の輪飾り。近年は腰ではなく玄関に設置することが多いです。
身の回りにつけやすいチリメン製のミニ茅の輪も頒布しています。

コロナ禍はまだ予断を許さない状況です。
疫病除けのお参りに、当社では消毒など万全の対策をして皆様をお待ちしております。